絶対に知っておきたい賃貸住宅の選び方のコツ

まずは不動産屋の特徴をチェック

賃貸住宅の不動産といっても数多く存在しています。その中のどこを選ぶかで、どんな部屋に住めるか決まるといっても過言ではないです。
不動産の中にも老舗から新店、賃貸・分譲の取り扱い併用店、賃貸住宅限定の店舗など、様々なお店があります。
それなら賃貸住宅限定の店舗に行けばいいのでは、と思った方もいるかもしれません。といっても数多くある不動産屋からなにを見て、どこを選べばいいのか、分かりませんよね。
では、なにを見てどこを選べばいいのでしょうか。それはズバリどれだけ取り扱いできる賃貸マンションがあるかがポイントです。
不動産屋だからどこでも一緒ということではありません。不動産屋の中でも、そこのお店だけが紹介できる賃貸マンションがあります。またそれとは逆に紹介できない賃貸マンションもあります。ハウスメーカー施工の賃貸住宅などは特に、取り扱い業者が決まっていることがあります。
数多くある賃貸マンションの中でも、できるだけ自分の希望に合うマンションに住みたいですよね。それであれば、自分が探している地域の不動産屋のホームページをチェックしてどれだけの賃貸マンションを扱っているかチェックしてみてください。

不動産選びの次は、自分を担当してくれる営業マンをチェック

不動産屋を絞っていざ来店!その時に自分を担当してくれる営業マンがどんなタイプかで、自分がどんな部屋に住めるか決まります。営業マンの中にはベテランもいれば新米、その間の中堅営業マンもいます。その中で、気をつけて見る点はその営業マンがどんなタイプかです。
営業マンには様々なタイプがありますが、その中でも常に明るく、何事にもやってみます精神の営業マンは親身に話を聞いてくれて自分の希望条件に合った部屋を紹介してくれ、家賃などの条件交渉を積極的にしてくれます。契約後のフォローもしっかりとしてくれるので、そんな営業マンがオススメです。
ここで注意をする点は営業マンも感情のある人なので、探している側であっても、偉そうな態度はしない方がいいです。
そんな人には誰でも良いマンションを紹介して、この人の為に頑張って交渉しようとは思いませんよね。
逆に門前払いを受けることもありますので、お客さんの立場であっても自分の為に気を付けた方がよさそうです。
どれだけ最初にかかる費用を抑えられるか、どれだけ良い部屋に住めるかは担当してくれる営業マンが重要になってきます。